企業の価値を正しく認識し、発信する事は、企業評価に利するだけでなく、融資・投資にも有効に働き、株式や営業譲渡時の交渉を有利に導きます。
また、自社の価値について数値的に説明する事が出来るよう、日頃から自社の株式やその評価根拠の一つとなる知的財産の客観的評価についても知っておくべきでしょう。

■株価評価サービス


上場企業から非上場企業まで、多数の企業評価を行ってきた経験を基に、株価評価サービスを提供致します。


企業価値の評価

DCF法、純資産価額法、類似会社比準法と様々な評価方法がありますが、
お客様の状況に応じた評価方法に基づき、企業価値の評価を行います。


自社株の評価


自社株の評価を把握しておく事は、事業承継や相続対策をする上でも重要となります。
また、自社株の贈与、譲渡、買い取りに於いて、売主・買主と会社との関係によって
適切な株価は異なり、適正な時価とのかい離が大きい場合、税務上のリスクがあります。
適切な株価を把握する為にも専門家による評価を依頼される事をお勧めします。




■知的財産権評価サービス

知的財産権の価値を算定・評価するサービスです。

知的財産権の評価

保有する知財(特許・意匠権等)などを価額ベースで算定するサービスです。
左記、企業評価も大きく左右しますので
株価評価の基礎要件判定要素の一環ともなります。

知財価値算定は、目的に応じて様々な手法がございますが、
その代表的なものとして、コスト・アプローチ、マーケット・アプローチ、
インカム・アプローチがあります。

知財の売買、移転の際の価格算定に有効です。
社会環境・経年等により価値は大幅に変動する事もございますので、
再評価・定期的な見直し、再裁定も承ります。